So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブロンプトン009 後輪タイヤ交換(1/2) [Bicycle]

三条会 千本通側
 のりこしのブロンプトン、雨でも走ります。京都の堀川通から千本通にかけて東西に延びる商店街「三条会」です。こちらは千本通側(西側)、お肉屋さんの「ヒロ」のある側です。「365日晴れの街」を謳っているだけあってアーケード付きで、雨に濡れません。雨でもイベントが中止にならないのがいいです。


 こちらの記事「ポタリング021 二条公園の桜 2016/11/29(姉妹サイト)」に阪急西院駅から三条会を抜けて二条公園に至るポタリング記事があります。





PR





ブロンプトン前タイヤ
 前回の記事で前タイヤを交換したときに、後タイヤもゴムが減ってきて繊維が出てきているのを見つけました。ここで取り替えてこそ整備ってもんです。パンクするまで放っておくなんてのは論外です(- -;)。




ブロンプトン後輪
 後輪を留めているナットも前と同じく15mmです。一般的なママチャリとか軽快車だと、前が14mm、後ろが15mmということが多いのですが、ブロンプトンでは(多分)14mmの出番はありません。



 ブロンプトン後輪
 左側から外します。前輪を外すときは使えなかったKTCのラチェットが使えるのでご機嫌です。ママチャリは泥除けも同じナットで留めていますが、ブロンプトンは別の場所に独立して留まっていますので、他のパーツを気にせずに外せるのは精神的にも作業的にも楽ちんです。



ブロンプトン後輪
 外側から、ナット、ワッシャーの順番です。この二つだけならのりこしでも間違えることはまずないでしょう。



ブロンプトン後輪
 続いて右側です。右側は外装の変速機と車輪が同じボルト(ハブ)に二重になって留めてあります。どちらのナットも15mmです。まず、変速機をはずします。







 ブロンプトン後輪
 外側からナット、ワッシャーの順番です。




ブロンプトン後輪
 変速機が外れました。変速機はチェーンにテンションをかけて張る働きもあるので、その性能上、スプリングが入っています。チェーンを外すときにはバネの力が解放されて「びよん」と形が変わりますので気をつけます。慣れない時は、この変速機が一番の難関に感じていました。外す時よりつける時が難しそうですよね。



PR




ブロンプトン後輪
 車輪を留めているナットです。ここも外側からナット、ワッシャーの順番です。ここまででナットとワッシャーを3組外しました。のりこしが見たところ、ナットは全て共通、ワッシャーは変速機を留めているものだけが違い、他の二つは同じもののようです。




ブロンプトン後輪
 空気が入ったままだと、ブレーキにつかえて外せないので、空気を抜きます。ブロンプトンのチューブは標準仕様のものではアメリカンバルブとかシュレーダーバルブともいう、米式バルブなのでバルブの中心のポッチを押すと「プシュー」と空気が抜けます。

 BBBのタイヤレバーは常に自転車に積んである上に、先端がちょうどいい角度と固さなので、いつもこれで空気を抜いてます。








ブロンプトン後輪
 「リム幅+ブレーキシューの遊び」を下回れば外せるはずなので、タイヤの幅がリムと同じくらいになるまで適当に空気を抜きます。指でつまむとプニュプニュくらいです。外れなければもう少し空気を抜いたらいいだけのことなので適当ですが、今回はタイヤを交換するのでチューブも外しますし、抜けるに任せて抜いておきます。




ブロンプトン後輪
 外れました。ママチャリの後輪を外したこともあるのですが、それに比べるとはるかに簡単です。タイヤ自体が16インチと小さく扱いやすいことも大きな理由です。ブロンプトンS2Lに標準で付いているコジャックのタイヤサイズは16x1 1/4(16インチのいちとよんぶんのいち)です。






 次の記事でタイヤを交換して、取り付けます。





関連記事




PR




nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。




「のりこしの池」のブログ全体の目次こちらのページをご覧ください。


姉妹ブログ
  • のりこしの池:(一号池:このブログ)。自転車の整備やポタリング、家のDIYや家電などの記事を書いています。嵐電西院駅再整備の記録もあります。
  • のりこしの三号池:自転車・ブロンプトン関連、工作やDIYのブログ。一号池から移転しようと考えましたが、あえなく断念。三号池にしかない記事を徐々に一号池に移転しています。一号池と三号池でダブりの記事もありますが、更新はほぼ一号池のみです。
  • のりこしの四号池:魚釣り関連のブログ



「のりこしの池」の記事から検索
カスタム検索





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。