So-net無料ブログ作成

ブロンプトン038 ヘッドライト(キャットアイOMNI-5)取り付け部品の加工(その1/2) [Bicycle]

cateyebracket00.JPG
 のりこしのブロンプトンS2L、夜は灯火運転で走ります。京都の晴明神社です。最近は中国語圏の方に人気ですが、暗くなってから訪れる人はポツリポツリで、落ち着いてお参りできます。



PR




 「ブロンプトン030 純正フロント反射板ステーにキャットアイ製ライトTL-LD130-F(TL-LD155-Fの前モデル)の取付」の記事でブロンプトンにキャットアイの白色LEDライト TL-LD130-F を取り付けました。




cateyebracket23.jpg
 取り付けブラケットがブロンプトンの純正取り付け部分にあまりにぴったりなことに感動、得意になって(自慢できる人がいないので、正確には一人で悦に入って)使っていました。




cateyebracket24.jpg
 取り付けが「木ネジ1本にプラスチックの受け」だけなので、劣化や緩みが気になっていました。心配していた通り、ある日突然、カラカラカラ〜〜という音を残して転がっていきました。やっぱりな……。



 さて、重い腰を上げますわ。ボルトナットでしっかり固定することにします。





cateyebracket01.JPG
 幸い、パーツの紛失は免れました。



cateyebracket02.JPG
 ブラケットのネジ穴にボルトを入れてみて、ボルトの太さを調べます。M4(4mm)のボルトがちょうどいいようです。



cateyebracket03.JPG
 これがブラケットです。中央下の金属ボルト&ナットを使って固定します。ピンボケですが、手持ちの中から、M4のボルト、それに対応した平ワッシャー、スプリングワッシャー、普通のナット、袋ナットを用意しました。




cateyebracket04.JPG
 ボルトの長さはとりあえずの目見当で、長すぎたり短過ぎれば違うものを、ナットに関しては、袋ナットが使えれば袋ナットを、使えなければ普通のナットを使うつもりです。25mmくらいで行ってみましょう。




cateyebracket05.JPG
 ブロンプトンのフロントに当ててみます。4mmのボルトだけではぐすぐすです。




cateyebracket06.JPG
 プラスチックのネジ受けとボルトを合わせて使います。



cateyebracket07.JPG
 こんな感じで。



cateyebracket08.JPG
 ブロンプトンに当ててみます。うーん。素晴らしい。平ワッシャーとスプリングワッシャーと袋ナットでぴったりじゃね?




 ナットを付けて、このまま何事もなく終了………。と思っていたのですが、そうそうすんなりとは行かず。次の記事に続きます。



PR




関連記事



PR



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。




「のりこしの池」のブログ全体の目次こちらのページをご覧ください。


姉妹ブログ
  • のりこしの池:(一号池:このブログ)。自転車の整備やポタリング、家のDIYや家電などの記事を書いています。嵐電西院駅再整備の記録もあります。
  • のりこしの三号池:自転車・ブロンプトン関連、工作やDIYのブログ。一号池から移転しようと考えましたが、あえなく断念。三号池にしかない記事を徐々に一号池に移転しています。一号池と三号池でダブりの記事もありますが、更新はほぼ一号池のみです。
  • のりこしの四号池:魚釣り関連のブログ



「のりこしの池」の記事から検索
カスタム検索





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。