So-net無料ブログ作成

ブロンプトン039 ヘッドライト(キャットアイ OMNI-5)取り付け部品の加工(その2/2) [Bicycle]

cateyebracket09.JPG
 前の記事で、ブロンプトンS2Lに、キャットアイの白色LEDライトTL-LD155-Fのブラケットを「ボルトナットでしっかり固定」するべく、作業を始めました。作業は順調に進んだかに見えたのですが…。

PR



cateyebracket10.JPG
 平ワッシャーとスプリングワッシャーをはめて横から見たところです。なんと!矢印のところに隙間ができています。こんなの想定外。困っちゃうなぁ。



cateyebracket11.JPG
 プラのネジ受けに出っ張りがあるのです。これがあるおかげで、ブロンプトンのフロントリフレクターブラケットの穴にぴったりはまるのですが、今必要なのは片面だけなのです。



cateyebracket12.JPG
 というわけで、カッターでこそぎ落として平らにします。



cateyebracket13.JPG
 改めてセットします。今度はうまくいきそうです。




cateyebracket14.JPG
 平ワッシャーとスプリングワッシャーをはめて、



cateyebracket15.JPG
 袋ナットを締めます。うまくいきました。



cateyebracket16.JPG
 前から見た所です。ぐらつき感が全くなく、これまでの「木ネジ+プラ受け」から比べると、安定感抜群です。



cateyebracket17.JPG
 ライト本体を装着。



cateyebracket18.JPG
 上からビュー。


 完璧です。これで脱落の心配なし。もう安心。


PR




 完璧と言いつつ、ここから先は少々マイナス要因。


cateyebracket19.JPG
 「ブロンプトン017 フロントキャリヤブロック用Rixen&Kaulアダプタマウント購入記」で取り付けた、リクセンカウルのアダプタを付けてみます。




cateyebracket20.JPG
 問題なさそうです。



cateyebracket21.JPG
 リクセンカウルの「ライトバッグ」を付けてみます。干渉してる?



cateyebracket22.JPG
 こすってますねぇ。まじまじと見たことがなかったので、意識していなかったのですが、ブラケットが緩んだ原因の一つは、ハンドルを切るたびに擦っていたからかもしれません。


 いいんです。少々こすっていても、このまま使いますよ。キャットアイのTL-LD130-Fもライドバッグもどっちも気に入ってますから。


 またトラブったらその時考えればいいんです。のりこし的にはこれで満足です!!


 決して強がりではありません〜〜〜。



cateyebracket25.JPG
 ちなみにSバッグは問題なしです。さすが純正!




関連記事




PR



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。




「のりこしの池」のブログ全体の目次こちらのページをご覧ください。


姉妹ブログ
  • のりこしの池:(一号池:このブログ)。自転車の整備やポタリング、家のDIYや家電などの記事を書いています。嵐電西院駅再整備の記録もあります。
  • のりこしの三号池:自転車・ブロンプトン関連、工作やDIYのブログ。一号池から移転しようと考えましたが、あえなく断念。三号池にしかない記事を徐々に一号池に移転しています。一号池と三号池でダブりの記事もありますが、更新はほぼ一号池のみです。
  • のりこしの四号池:魚釣り関連のブログ



「のりこしの池」の記事から検索
カスタム検索





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。