So-net無料ブログ作成

ブロンプトン062 ビンディングペダルwellgo QRD-W44B導入記(その2/4)純正ペダルの取り外し [Bicycle]

qrdw44b_005.JPG
 ブロンプトンS2Lに、ビンディングペダルを取り付けて風の如く疾走する姿を想像して、ニンマリしつつ作業しています。前の記事で、着脱式ビンディングペダル wellgo QRD-W44B を買いました。



PR




qrdw44b_014.jpg
 さて、やっと登場。ブロンプトンS2Lです。両方のペダルを取り替えます。まずは今付いている純正ペダルを外します。





qrdw44b_015.JPG
 右のペダルです。こっちはまぁいいです。そっけない言い方ですが、いいんです。フツーだから。





qrdw44b_016.JPG
 左のペダルです。問題はこっちです。そうでございますよねぇ、ダンナ。






qrdw44b_017.jpg
 ひっくり返してみましょう。どうにもとっつきにくいじゃありませんか。ペダルは普通15mmのレンチを使うと相場が決まってるんです。





qrdw44b_018.JPG
 一縷の望みを賭けたクランク側です。ノッペラボーです。




qrdw44b_019.JPG
 ペダルによってはこんな風に、クランクの内側にも付け外しのための六角穴が付いていたりするのです。




qrdw44b_020.jpg
 ブロンプトンの左ペダルときたらまるで、「俺をここから動かすんじゃねぇ」と目で訴える頑固親父みたいじゃないですか。英国紳士はヂェントルメンじゃないのか!いつからそんなイケズになったんだ! 

 すみません。酔っ払ってます(まじ飲みながら書いてるんでスミマセン)。




qrdw44b_021.JPG
 左のペダルは折り畳んだ状態で、六角ボルトを緩めて外します。対角24mmです。




qrdw44b_022.JPG
 拡大してみます。結構汚れてますね。



 先ほど、ボルトの頭が24mmと書きました。24mmというサイズはかなり大きいので、車をいじる人でもなければ普通の家庭にはないサイズだと思います。おまけにボルトの頭が出っ張っていないので、普通のスパナ、片目片口スパナあるいはモンキレンチが使えず、ソケットと呼ばれる、かぶせて使うタイプのボルト回し工具が必要です。








 同じような機能の工具にボックスレンチもあります。







qrdw44b_023.JPG
 のりこしが持っているのが24mmのソケットです。TONE製で、確か量販店で500円くらいだったと記憶しています。本当はスナップオンとかKTCとか、もっといいのが欲しいんですが、ここしか使うところがないんですよね。どこかに買った時の写真があったような気がしますので、見つかれば追記します(と言って忘れていることがほとんどです。てへっ。←のりこしが言ってもカワイクない。)





qrdw44b_024.JPG
 こんな風にはめ込んで使います。






qrdw44b_025.jpg
 実際はこんな感じでラチェットハンドルと組み合わせて使います。左ペダルなので逆ネジです。時計回りに回すと緩みます。で、回そうとしたのですが、「かかり」が浅くて、うまく力が入れられません。








qrdw44b_026.JPG
 もう一度よく見てみます。ボルトの出っ張りが2ミリ程度です。ソケットをもう少し深く入れられれば力が掛けやすいのですが…。よく見るとボルトの周りがゴムっぽいです。このゴム取れるんじゃね?




qrdw44b_027.JPG
 そう思ってドライバーを差し込んでみました。意外と入ります。ちょっとこじれば外せそう。



qrdw44b_028.JPG
 それにしてもネチョネチョやな。ちょっと綺麗にしたろ。



qrdw44b_029.JPG
 手入れしていないのがバレてしまいますなぁ。クランク側もネチョネチョ。それに矢印のところはゴムっぽい。




qrdw44b_030.JPG
 ネチョネチョたくさん取れるわぁ。




qrdw44b_031.JPG
 でもなぁ、ドライバーがズブズブ入って行くねんなぁ。おかしいなぁ。…やばくね???…もうやめとこ。



qrdw44b_032.JPG
 もう一度挑戦。力を入れ過ぎて、ソケットがボルトから外れると怪我しそうなので、じわっとゆっくり力をかけていく。じわじわじわ…。ハンドル短いし、やっぱ無理かも…と思った瞬間、クイっと回りました。ジーザス!!イッツアミラコー!!!奇跡の瞬間です。




qrdw44b_033.JPG
 緩みました。モーセが海を分かちた時のように、これで道が開けました。ビンディングで疾走するのりこしの姿が目に浮かびます。…それはさて置き、このくらい緩めば、あとは手でも回せそうですが、汚れていて手で触るのがためらわれますので、再びソケットをかぶせます。





qrdw44b_034.JPG
 無事に外れました。




qrdw44b_036.JPG
 こちらは外した後のペダルです。手が汚れそうなので、手袋をすることにします。(今更???もっと早くしとけよ)




qrdw44b_037.JPG
 いただき物の、オペ用手袋です。「のりこしさんなら(サイズは)7くらいと思うよ」とのことですが、いろいろなサイズをくれはります。




qrdw44b_038.JPG
 サイズ6と1/2もありました。少々小さくてもいいでしょう。本当の手術中に破れたらえらいことですが、チャリのメンテなら問題ナシです。



qrdw44b_039.JPG
 片側ずつはめます。



qrdw44b_040.jpg
 雰囲気出てきましたねぇ。

 「これより、ブロンプトン氏のペダル交換術を開始する。術式は無麻酔行き当たりばったり式である。メス。ラチェット。」

 もうラチェットの出番は終了です。





qrdw44b_041.JPG
 次に進みましょう。ペダルを外します。





qrdw44b_042.jpg
 外そうとしたら、平ワッシャーが出てきました。




qrdw44b_043.JPG
 汚れて、わずかに錆っぽいところも見えます。無くさないように取っておきます。




qrdw44b_044.jpg
 ペダルはそのまま引っ張っると、クランクに引っかかって取れないような感じがしますが、





qrdw44b_045.JPG
 ペダルの展開状態/折りたたみ状態を保持する、スプリング機構を押す(写真では左手人差し指で右下方向;紫色矢印方向に押す)と黒いプラスチックが動いて(写真では左上方向;水色矢印方向)隙間ができて外すことができます。



qrdw44b_046.jpg
 外れました。汚れています。





qrdw44b_047.JPG
 裏側です。



qrdw44b_048.JPG
 ウエスで拭きます。




qrdw44b_049.JPG
 ネジの溝はCRC556を吹いて、




qrdw44b_050.JPG
 ウエスを出したり入れたり、



qrdw44b_051.JPG
 歯ブラシでゴシゴシこすったりしてきれいにします。



qrdw44b_052.JPG
 この程度で。精一杯です。





qrdw44b_053.JPG
 続いて右のペダル。こっちは純正ではありませんが普通のペダルです。15mmのスパナで外します。







qrdw44b_054.JPG
 ペダルレンチを持ち出すまでもなく、難なく外れました。




qrdw44b_055.JPG
 こちらの汚れはそれほどでもありません。何度か交換していて、その都度ちょっとずつは掃除していたからでしょう。








qrdw44b_056.JPG
 一応CRC556を吹いて、きれいにしておきます。




qrdw44b_057.JPG
 と、いつもの招かれざる客がやってきました。整備してるといつも寄ってきます。








qrdw44b_058.JPG
 ここまでで、ペダルの取り外しと取り付け部の掃除が終わりました。いよいよ(やっと)ビンディングペダルの取り付けです。取り付けるのは、片面がフラット、違う面がビンディングのwellgo製QRD-W44Bというペダルです。次の記事をどうぞ。







PR



関連記事





PR




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。




「のりこしの池」のブログ全体の目次こちらのページをご覧ください。


姉妹ブログ
  • のりこしの池:(一号池:このブログ)。自転車の整備やポタリング、家のDIYや家電などの記事を書いています。嵐電西院駅再整備の記録もあります。
  • のりこしの三号池:自転車・ブロンプトン関連、工作やDIYのブログ。一号池から移転しようと考えましたが、あえなく断念。三号池にしかない記事を徐々に一号池に移転しています。一号池と三号池でダブりの記事もありますが、更新はほぼ一号池のみです。
  • のりこしの四号池:魚釣り関連のブログ



「のりこしの池」の記事から検索
カスタム検索





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。