So-net無料ブログ作成

テープカッターのギザ刃の修理(その1/2) [House & DIY]

dispenser01.JPG
 のりこし愛用のテープディスペンサーです。普通のディスペンサーです。本体はプラスチック製ですが、重量があって、片手でテープを引き出して片手でカットできるという基本性能がしっかりしているところが気に入っています。


 DUNTONというメーカーのBONOXという商品で、デザイン的にもなかなか良いのではと思っています。お値段も大手文具メーカーのテープディスペンサーと同じ価格帯で、リーズナブルな設定だと思います。











PR






dispenser02.JPG
 最近、テープの切れが悪くなってきました。原因を探るため、カッター部を観察してみます。普段、まじまじと見ることはあまりありません。写真に撮ってパソコンで見ると拡大されて見えるので、虫眼鏡で見ているような感じがします。



dispenser03.JPG
 上から。ピンボケです。ちょっとゆがんでるっぽいです。テープが邪魔なので、外します。




dispenser04.JPG
 左側の方がちょっとゆがんでます。




dispenser05.JPG
 ほぼ真上から。波打つようにゆがんでます。




dispenser06.JPG
 マイナスドライバーでこじるように刃を起こしてみます。




dispenser07.JPG
 テープの粘着部分が鼻くそ(下品で失礼)みたいに残ってますね。取り除いて、(まじ鼻クソっぽいんですが……)




dispenser08.JPG
 これでどうでしょう。だいぶ良くなったように見えます。試しに何回かテープをカットしてみました。断然良くなっていますが、もうちょっと引っ掛かるような気がします。




dispenser09.JPG
 もうひとがんばりして見ましょう。テープディスペンサーのカッター部分は外れるようになっているタイプもあり、これもそのタイプです。



 ドライバーなどでこじるか、ペンチなどで?んで引き抜きます。写真はちょっと浮かせてみたところです。




dispenser10.JPG
 外れました。





dispenser11.JPG
 裏側です。取りきれていない糊がへばりついています。




dispenser12.JPG
 直すのにはこれを使います。一見、普通のペンチですが、




dispenser13.JPG
 歯がありません。フラットペンチなどと呼ばれます。傷つけたくないものに使います。時計や手芸などで使われることが多いようです。







 次の記事で、実際に修理というか、補修してみます。




[20160214]





PR





関連記事




PR


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。




「のりこしの池」のブログ全体の目次こちらのページをご覧ください。


姉妹ブログ
  • のりこしの池:(一号池:このブログ)。自転車の整備やポタリング、家のDIYや家電などの記事を書いています。嵐電西院駅再整備の記録もあります。
  • のりこしの三号池:自転車・ブロンプトン関連、工作やDIYのブログ。一号池から移転しようと考えましたが、あえなく断念。三号池にしかない記事を徐々に一号池に移転しています。一号池と三号池でダブりの記事もありますが、更新はほぼ一号池のみです。
  • のりこしの四号池:魚釣り関連のブログ



「のりこしの池」の記事から検索
カスタム検索





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。