So-net無料ブログ作成

テープカッターのギザ刃の修理(その2/2) [House & DIY]

dispenser10.JPG
 前回の記事で、テープカッターからギザ刃を取り出しました。この記事では、先の平らなフラットペンチで直して、組み立て、試し切りです。。




PR





dispenser14.JPG
 こんな感じで、ぎゅっと握って平らに整えます。








dispenser15.JPG
 自分では上出来と思いますが……。





dispenser16.JPG
 ディスペンサー本体側も汚れています。取り付ける前にきれいにしておきます。




dispenser17.JPG
 直したギザ刃を傷つけないように、手に怪我をしないように、取り付けます。





dispenser18.JPG
 じゃじゃーん。修理完了です。光り輝いて聳え立つようです。





dispenser19.JPG
 テープを取り付けて、試し切りしてみます。うーんすばらしい。軽い力でスパッと切れます。これぞ整備の快感です。






 「目立てやすり」と呼ばれる、のこぎりの歯に使うヤスリを使えば、更に鋭い切れ味になるかと思われますが、今回はそこまで深入りしませんでした。目立てやすりは理系・工業系の学校などでガラス管を切ったりした経験のある方にはおなじみの道具です。



 交換用の刃がパーツ扱いで部品販売されているテープカッターの場合、文房具屋さんなどで取り寄せてもらうという方法もあります。大手の事務機・文具メーカーでは対応している場合もあるようです。



 他には、100円均一などで、安いテープカッターを買って、刃だけ使って後は捨てる。という手段もあります。テープカッター自体を気に入っているけれど、換えの刃が入手できない時は選択肢になりそうです。



 100円均一の商品で、刃そのものの耐久性やテープの切れ味がどこまで期待できるかという問題もありますが、そういったテープカッターはアンティークだったりして、事務用品として酷使しているといった状況ではない可能性も高く、実用性が少々犠牲になっても問題ないかもしれません。



 ちなみに、BONOXの替刃は、あちこち探しましたが見当たりませんでした。他のメーカーのもので合うものがあるかもしれませんが、試していません。いざとなれば買い替えか、目立てヤスリですね。












karucut01.JPG
 ここまで書いておいてなんですが、実は のりこし が一番良く使っているテープカッターはコクヨ製の「カルカット」です。これはすばらしいテープディスペンサーです。





  • テープカッターとして、適度な重量と机上安定性があり、片手で操作できる。
  • 大巻小巻、どちらの径のテープにも対応している(BONOXも両対応です)。
  • 軽い力でカットできる。
  • カットした切り口のギザギザが細かく、ほぼ直線。
  • ギザ歯に触れても怪我しにくい。→子どもにも安心して使わせることができる。
  • 刃が交換できる(替刃の型番はT-SHA1です)。
  • 机上で安定して使えるが、「持ち運ぶ」機会の多いことを考慮して、指が引っ掛かりやすい「くぼみ」がついている。
    • 親指と他の指がちょうど収まります。テープディスペンサーは、その機能上、そこそこ重量があります。のりこしも複数回、落とした経験があります。
    • おまけに片手で何かを押さえながらテープカッターをつかんだりする状況が多く、よけいに落としやすいとも言えます。
  • 実用性とシンプルさのバランスの取れたデザインも良い。



 のりこしがちょっと思いついただけでも、このような特徴があります。



karucut04.JPG
 後姿もすてき。





karucut03.JPG
 肝心のカット刃のアップです。ギザギザが細かいです。マスキングテープやメンディングテープなども問題ありませんでした。




karucut03.JPG
 テープの保持部分も、さすが大手文具メーカーと言わざるを得ません。写真で薄く赤色に塗った部分は、ネクストバッターズサークルとも言うべき、次にカットされるであろうテープを保持している部分なのですが、ここにテープがくっつきすぎると、次のテープをスムーズにつまみ上げることができません。ここの粘着度合いが絶妙なのです。さすがです。





karucut02.JPG
 裏の滑り止めラバーも安定感抜群です。かといってホコリが付きやすいかというと、そういったこともなく、さすがコクヨ製と言うべきでしょう。




dispenser20.JPG
 たまたま外箱が残っていました。引き出しの隙間を埋めるスペーサーとして使っていたものです。KaruCut カルカット、軽い力でよく切れる!とキャッチコピーが書いてあります。ちょっとベタですが、性能は抜群です。





dispenser21.JPG
 パッケージ裏側です。デザインで売っているわけではないので、きちんとした説明が詳しく書かれています。本体型番はT-SM100w(末尾 w は色記号と思われます)、替刃の品番はT-SHA1と記載があります。




dispenser22.JPG
 箱の側面には切り口イメージが描かれています。まっ平らというわけにはいきませんが、従来のギザ刃と比較すると、ほぼ直線に近い切れ方です。











 デザイン的にはBONOXなので、のりこしの自分の部屋にはBONOX、リビングにある子供の机にコクヨ カルカットを置いています。滞在時間の違いから、使用頻度は圧倒的にカルカットの方が多いです。



 適材適所ということですね~。



[20160214]





PR





関連記事





PR





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。




「のりこしの池」のブログ全体の目次こちらのページをご覧ください。


姉妹ブログ
  • のりこしの池:(一号池:このブログ)。自転車の整備やポタリング、家のDIYや家電などの記事を書いています。嵐電西院駅再整備の記録もあります。
  • のりこしの三号池:自転車・ブロンプトン関連、工作やDIYのブログ。一号池から移転しようと考えましたが、あえなく断念。三号池にしかない記事を徐々に一号池に移転しています。一号池と三号池でダブりの記事もありますが、更新はほぼ一号池のみです。
  • のりこしの四号池:魚釣り関連のブログ



「のりこしの池」の記事から検索
カスタム検索





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。